喉頭がんの治療

喉頭がんの治療には、放射線治療と手術の2つが中心となります。 喉頭を残すためのに、放射線治療や手術と同時に抗癌剤が使われることもあります。 また、手術が不可能な場合や、放射線治療後の癌再発防止のためにも、 抗癌剤が使われることがあります。

喉頭がんの治療(つづき)

放射線治療は、喉頭がんの早期治療の主な手段となります。 喉頭を残すことができるので、治療後も声が自然と残ります。ただし、放射線治療には制限があります。 進行した癌や、発生した部位によっては、放射線治療は不可能になります。また、放射線治療は、癌の周りの組織にも影響を与える場合がありますので 治療回数にも限度があります。

早期の喉頭がんの場合、放射線治療を選択する場合が多いですが、 その効果によっては手術を組み合わせる場合もあります。 手術の場合、声を残せるかが重要な判断基準になります。 声を残すことを第一に考え、手術が行われます。

左右どちらか片側か、両側の頸部清術を行います。 耳の後ろから鎖骨の上の頸部のリンパ節を、 脂肪に包まれたままの状態で、神経や血管を残しならが切除します。

喉頭がんの、これらの治療方法は、癌の進行具合や、 癌は発症した部位によって選ばれます。 また、喉頭がん患者の年齢や健康状態、職業なども考慮されたうえで、 治療方法を最終的に選択されます。

喉頭がんは、初期病状が分りやすいため、早期発見が容易な癌の1つです。 ノドに異常を感じた時、すぐに専門医に相談すれば、 手術をせずに直せる可能性も高いといわれています。

喉頭がんの後遺症

喉頭がんはノドに悪性腫瘍ができる、癌です。 悪性腫瘍が発症した部分により、3つの癌に分けることができます。 声門癌、声門上癌、声門下癌です。

喉頭がんは発症した部位によって、 初期病状に気付きにくいものと、気付きやすいものがあります。 比較的、声門癌、声門上癌は、早期にノドへの異変があらわれやすいと言われています。 喉頭がんは発症した部位によって治療方法が変わる場合あがりますが、早期発見しやすいかどうかが、関連しているとも考えられるのかもしれません。

喉頭がんの治療には大きく分けて、放射線治療と摘出手術の2つがあります。 放射線治療や喉頭の部分摘出手術の場合は、 後遺症として1番心配される、声を失わずにすみます。

ですが放射線治療のあとは、喉頭の乾燥からくる異物感があります。 また、喉頭を構成している軟骨の炎症や、軟骨の壊死などが、 まれにみられることがあります。

喉頭の部分摘出手術の場合、声のかれが残ったり、 食べ物や飲み物を飲み込む機能に障害がおこったりするときもあります。

喉頭を全摘出手術をした場合は、当然ですが声はでなくなります。 ですが、食道をつかっての発声や、電池と器具を使用して音を出すなどして、 会話をすることが可能になります。

また、喉頭を全摘出した時には、呼吸に違和感が残ります。 気管炎をわずらったり、息を止めて力むことが困難になったりします。 入浴する時には胸までしか入られなかったり、 熱いものを息を吹きかけさますことができないなどの後遺症もあります。

HOME | 喉頭がんの症状と診断 | 喉頭がんの治療と後遺症 | 喉頭がんの再発と生存率

 

Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.

privacy